2014年1月7日にCES(米国家電見本市)で発表された「MiniDrone」は、従来品をさらに進化させた楽しい新型ドローンです。フランスのParrot社が新たに送り出した、4つの小さなプロベラで飛ぶ小型ラジコンヘリコプターなのです。
Parrot社は、2010年には「AR.Drone」を、そして2012年に「AR.Drone」をより進化させた「AR.Drone2.0」を送り出しました。手軽なラジコンヘリコプターの「AR.Drone」、カメラを搭載していて空撮を楽しめる「AR.Drone2.0」は、ドローン好きに大変な好評を博してきました。
しかし、小型とはいえやや大きな形状をしており、室内では十分に飛ばすことが出来なかったのです。もし、思う存分「AR.Drone2.0」を室内で飛ばそうと思えば、体育館ほどの広さが必要になるかもしれません。外で楽しむにしても「自転車で手軽に移動して」とう訳にはいきませんでした。
そんな、ユーザーの声が届いたのか、今回、発表された「MiniDrone」は、軽量小型で、純粋に飛ばすことを楽しむことができるドローンなのです。今までの2タイプに比べると、十分の一の大きさです。
また、従来の2タイプはWI-FIを使用して遠隔操作をしていますが、この「MiniDrone」はBluetooth SMART Technologyを使います。その分、操作範囲が狭くなるので、室内での使用を想定しているのかもしれません。
操作も簡単で、専用アプリを入れることで、スマートフォンをコントローラーとして使います。特別に難しいことは必要ありません。
コツを掴むまでは、自由自在に動かすことは難しいかもしれませんが、愛嬌のある形状で空中に浮いている姿を見ているだけで十分楽しむことができるでしょう。
「MiniDrone」は、飛びだけではなく、床の上を転がるように走ることもできる、遊び心満載のドローンなのです。
一般発売に関しては、現在のところ2014年中としか発表されていません。ドローン愛好者としては、早く手にいれてその性能を確かめたくなるでしょうが、もう少し待つ必要があうようです。